KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

ラオス「ルアンパバーン」落ち着いた静かな世界遺産の街

2014年3月13日
約 4 分

▼放浪66日目 2014/2/11(火)
朝、ポーンサワンの素敵な宿に別れを告げ、次の目的地ルアンパバーンへのバスへ乗り込む。
この移動も山道が多く、バス酔いでムカムカと気持ち悪くなってきた。
1-R0019644

山道に揺られ酔いながら、5時間程でルアンパバーンにたどり着いた。
ポーンサワンからルアンパバーン

重いバックパックを背負いながら、宿探しで5件程回ったが、どれも暗くて狭くて小汚くて、しかも6万キープ(600円)でどこの宿も高かった。

疲れたので一度カフェに入り、宿情報を調べると、ドミトリー(相部屋)3万キープの宿「Muenna 1989 Guesthouse」を見つけそこに泊まることにした。
共同のシャワールームの中が少しドブ臭いが、部屋は清潔でセキュリティーロッカーもあり居心地が良い。
何より値段がこの辺りでは破格であった。

※宿情報と予約はこちら→「Muenna 1989 Guesthouse(Booking.com)

出典:Booking.com

宿も決まり散歩しながら夜の屋台で食事を済ませ眠りに着いた。
1-IMG_6776

 

ルアンパバーン観光・クアンシーの滝へ

▼放浪67日目 2014/2/12(水)
ルアンパバーンの南西、クアンシーの滝へ行こうと宿の自転車をかりようとするも5万キープと高い。
街を歩くが他にどこにもレンタルサイクル屋が見つからない。
嗚呼、今回は滝に呼ばれていないなと思い、滝の観光を諦める事にした。

しかし昼過ぎに街を歩いているとトゥクトゥクのお兄さんに15万キープで滝へ行かないか?と声を掛けられる。
高すぎて話にならないので無視してオレオチョコレートシェイクを飲んでいると、4万キープまで値下げしてくれたので行くことした。
1-R0019648

クアンシーの滝は想像以上に美しい場所であった。
やはり滝には呼ばれていたようだ。
訪れて損のない場所である。
1-IMG_6557
1-IMG_6548
1-IMG_6455
1-IMG_6402
1-IMG_6398

 

ルアンパバーン観光・托鉢の行列

▼放浪68日目 2014/2/13(木)
ルアンパバーンは3日目にして、そこまで魅力を感じておらず2泊程度で離れるつもりであったが、「托鉢」と「プーシーの丘」を見ていなかったと気付き、延泊する事にした。

朝5時に起床しまだ真っ暗な街へ出る。
場所はメイン通りだろうと当たりをつけ10分程歩いて向かう。

暗い中、遠くからオレンジ色の僧衣を着た僧侶たちが見えた。
托鉢が始まる。
1-IMG_6805

僧侶は大きな銀色の鉢を持ち、そこに街の人達がお米やお菓子を入れていく。
1-IMG_6831

1-IMG_6876

鉢に入れ終わると僧侶は街の人へお経を唱える。
1-IMG_6892

僧侶達は若いように見えた。皆10代に見える。
多くの観光客は近寄ってカメラを撮っていた。
1-IMG_6867

私も接写で撮りたかったが、神聖な行為の邪魔になるようではばかれた。
しかし、そういう一歩踏み込んだ写真が素晴らしかったりするのだが。

少しラオスの伝統と文化に触れられたような気持になった。

 

ルアンパバーン観光・プーシーの丘

夕方プーシーの丘へ登る。
1-IMG_6670

日本のテレビ局の人がいて、TBSさんのようだった。「世界遺産」だろうか。
ルアンパパーンの夕景の撮影隊だろうか。興味深かったが話しかけるチャンスは無かった。
1-IMG_6693

丘からの夕日はとても美しかった。
1-IMG_6711

世界遺産にも指定された観光地という事で特段興味は湧かなかったが、以外と地味で私好みの街であった。
1-IMG_6685

托鉢という伝統や文化を大切にしている風土が街全体に流れていて、神聖な空気が流れているような気がしたのである。
1-IMG_6250

少し街を離れると山々や川が流れている。
1-IMG_6243

屋台も多くあり食事もおいしい。
1-IMG_6730
長く滞在出来る場所の一つかもしれない。

一通りの観光を終え、私はルアンパバーンを後にする事にした。
明日は北西にあるノーンキアウという村へ向かう。

つづく

(Last Update:2016年12月21日)

コメント一覧

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 自然が綺麗な場所だね 
    食べ物も旨そう☆ 

  2. 移動中は1日2食は普通なので頑張ってください。
    ルアンパバーンのろっきいより

    • ろっきいさん、お久しぶりです!
      バス乗る時はいつも食べないようにしています。丸一にバスの時は丸一に食べなかったりもします。
      まーそんなに食べなくてもやっていけるって事でしょうね。

  3. ご無沙汰しています。
    久しぶりのコメントです。
    ブログ書かれていた日本のテレビ局ですが、昨日TBSで放送した「The世界遺産」のスタッフかも知れませんね。
    ちょうど、その放送を見て、ラオスに行きたいと思い、「世界放浪の記録」を読みなおしてみたら、テレビ局のことが書かれていました!

    • 本当にご無沙汰ですね!お久しぶりです。
      TBSさんの公式HPを見るとたしかに最近ラオスを放映したようですね。
      一年以上も温めて編集して放映しているってことですね。すごいわ。
      ラオスで一番良かったのは、ノーキャウという田舎街でした。
      でもコンさんには、もっとツーリスティック(お酒とかレストランとか揃っている)、シーパンドンをお勧めします!
      ラオスはまた行きたいですね~。