KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

タイ・花の街チェンマイと動物と温泉と

674 views
約 5 分

▼80日目 2014/2/25(火)
朝、チェンライのバスターミナルから、チェンマイへ移動する。144バーツ。(約460円)
1-R0019714

3、4時間程バスに揺られ昼過ぎには、タイ第2の都市であるチェンマイに到着した。
1-R0019717

到着したバスターミナルから街の中心地まで2時間歩き、更に宿さがしに2時間歩き、ようやく夕方近くで適当な宿を見つけチェンクインが出来た。

夜、ナイトマーケットを覗きカオカームーの屋台を見つけた。
私はこのタイ料理が大好きでこれまで色々食べ歩いたが、振り返るとここのカオカームーが一番おいしかった。
日本で例えると豚の角煮みたな感じだが、豚足なのでそれよりもプルプルとしている。チェンマイの旧市街より東の川沿いに近いマーケットにある。30バーツ(約95円)
1-IMG_8618

更に歩いていると、果物屋さんにおいしそうな一品がある。
食べてみると、ほぼグレープフルーツの味であるが、水分と甘みが強くうまい。
タイでは「ソムオー」という名前らしい。40バーツ(約126円)
1-IMG_8624

夜出歩くのも良くないので宿に戻る。
1-IMG_8617

泊まった宿は「アマラパス ゲストハウス」
お勧め度★★★★☆
一泊250バーツ、Wifi有、バストイレ共同(個別はたしか300バーツ)
宿のおじさん、ソムチャイさんは日本語が達者で話しやすい。部屋も清潔である。お勧め。
※宿情報と予約はこちら→「アマラパスゲストハウス(Ammarapat House)
 

▼81日目 2014/2/26(水)
西にあるチェンマイ動物園へ歩いて向かう。
汗を出しながら。道道で写真を撮りながら。向かう。
1-IMG_8641
1-IMG_8699
1-IMG_8687
1-IMG_8656

動物園近くの公園に咲く、色とりどりの花々が美しい。
1-IMG_8718
チェンマイは「花の街」という印象がある。
1-IMG_8732-001
タイの中でも好きな街だ。
1-IMG_8746-001

動物園にたどり着き、3時間程動物を撮る。入園料150バーツ(約475円)
1-IMG_8770
1-IMG_8827
1-IMG_8913
1-IMG_8941
1-IMG_8955

園内は動物の豊富さも素晴らしいが、庭園が各所にありその花々がとても美しく癒し空間が広がっていた。
1-IMG_9007

そして歩くのには厳しいくらいの広さがあり、全て見きれない程のボリュームであった。
ハイエナを見逃してしまった。

途中迷ってしまい園外の山の上に行ってしまい、道すがらのバイクに助けて頂く場面もあった。
タイの人達は本当に素晴らしい。

チェンマイ動物園を後にし、夜はターペー門周辺を歩く。

なんたらケバブをほおばり
1-IMG_9039

ロティを食べ
1-IMG_9044

カオカームを食べる
1-IMG_9047

この日は宿に戻り眠りにつく

 

▼82日目 2014/2/27(木)
この日は宿を変え、「9 HOSTEL(ナインホステル)に泊まった。お勧め度★★★★☆
ドミトリーで200バーツ、Wifi有り、部屋トイレ共同
2月にオープンしたばかり非常に清潔で綺麗でお洒落。まだ認知度が低いのでお客さんも少なかった。
さらに女性スタッフが一人日本語を話せる。友達のせいちゃんが発見。超お勧め。
※宿情報と予約はこちら→9 HOSTEL
1-IMG_9063

マサト氏と再会し、デパートの本屋へ寄る。
タイ語を少し覚えたいと思い、タイ語会話読み書きの本を購入。390バーツ(約1230円)
1-IMG_9156

 

▼83日目 2014/2/28(金)
自転車を借りて(50バーツ)温泉施設へ行く。
街から東へ30キロ程だから3時間あれば着くだろうという計算であった。

朝食を済ませ、9時半頃に出発し自転車で途中の景色を撮りながら走る。
1-IMG_9106-001
1-IMG_9114

13時前に着く。「SANKHAMPAENG HOT SPRING」入場100バーツ(約315円)
この時かなりお尻が痛い。
1-IMG_9117

辺りは硫黄の匂いがして、霧吹きのように上から水が降ってくる。
遠くで温泉が噴水のように飛び出していた。
1-IMG_9125

側には高温の池のようなものがあり、そこで温泉卵などが作れるようだ。
1-IMG_9130

園内の花々も美しい。
1-IMG_9147

奥に行くと温泉施設があり、個室でバスタブに湯をためて入るタイプと、水着を着て温水プールで入るタイプがあった。
私はプールに入ってみた。プール入場100バーツ、タオル10バーツ。
1-IMG_9146

泳ぎながら考える。

自転車の返却時刻が夕方の18時。
片道3時間かかる事を考えて、14時~15時には温泉を出なければいけない。
これは時間がない。
私は30分程泳ぐと、早々に温泉施設を後にした。
結局温泉施設に1時間程しか居れなんだ。

こういう場合は、バスか何か早い乗り物で来るべきだったなと反省する。
ゆっくりしたかった。

行きの自転車で通りかかった気になるカフェがあったので寄る事にした。
「サーラー・ファフェード」
1-IMG_9152

店内に日本語の記事があり読んでみると、亡くなった韓国人ゴルファーの旦那さんソンさんの意志を継いで奥さんが経営しているとの事。(文・写真:大熊あゆみさん)
1-IMG_9154

とてもオシャレで、小物などが繊細で、お庭が綺麗で、素敵なカフェでした。
1-IMG_9155

3時間程かけてチェンマイの街へ戻り、屋台でカオカームーを食べる。
1-IMG_9181
1-IMG_9184

日が暮れかかった頃にチェンマイはもういいか、という気持ちになり翌日移動することに決めた。
次は、女子が好きなオシャレ雑貨やなカフェがある事で話題の「パーイ」へ移動する。

このあたりから、アジアはどこへ行っても見た事のある風景しか出会わなくなり、旅への情熱が薄くなっていくのであった。

つづく

(最終更新:2017年7月27日)
675 views

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 生活感があっていいね〜。
    カフェでごろごろしてるのもいいと思うよ!

    • いやー、カフェでごろごろは出来ないけど、ダラダラはしているよ。でもダラダラしつつ英語の教科書読んだりしてるけど頭に入らないね。英語難しいね。駄目だこりゃ。

  2. たまたまこの記事を読む機会を得て、サンカンペーンのカフェで私の記事を読んでくれたことを知り、とてもうれしかったです。

    貴方の書く文章、写真が好きです。

    これからも、安全でよい旅を続けてくださいね。

    どうもありがとう。

    あゆみ

    • あゆみさん。
      ご連絡頂きましてありがとうございます!

      あの温泉行く途中のカフェ、とても好きで今でも印象に残っています。

      そしてあゆみさんのカフェにも行くつもりでしたが、その日が休みだったかでタイミング合わず行かなかった事を今さらながらに後悔しています。

      次チェンマイへ行ったら、絶対いかせて行かせて頂きます!