KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

【撮影スポット】赤く染まるウーベイン橋の夕暮れ

2033 views
約 4 分

2014年4月、ミャンマーのマンダレーと古都アマラプラを訪れた時の旅行記です。
一眼レフで撮影した写真と共に、旅の情報を載せています。
これから訪れる人の参考になればと思います。

ミャンマーの旅をまとめた記事も合わせてご覧ください。→「ミャンマー28日間まとめ

バガンからマンダレーへ

▼放浪115日目 2014/4/1(火)
バガンで美しい朝日を鑑賞した私は、夜行バスでマンダレーへと移動する。料金7500チャット(約750円)

深夜4時頃、マンダレーのバスターミナルに到着。
眠い中、人並みに押されるようにフラフラとバスを降り、脇にあるベンチで休憩した。
あんなに居た乗客が、蜘蛛の子を散らすようにどこかへ行ってしまった。

ぼんやりしていると、バイクタクシーの営業が話しかけてきた。
歩くのも面倒だと思い、話に乗り3000チャット(300円)で街の中心の宿まで運んで貰った。

スポンサーリンク

マンダレーの安宿「ガーデンホテル(GARDEN HOTEL)」

朝早くのチェックインにも関わらず、スタッフは対応してくれた。
宿泊した宿は「ガーデンホテル(GARDEN HOTEL)」。お勧め度★★☆☆☆
一泊17ドル。Wifiはロビーのみ。値段の割には設備が汚いが、ミャンマーでは普通レベル。部屋は清潔感を感じる程ではないが、不快になるほどでもない。朝食もパンと卵とコーヒーのみ。探せばもっと良い宿があるはずだ。※宿情報と予約→GARDEN HOTEL(Booking.com)

出典:Booking.com

 

夜行バスの睡眠を取り返すが如く眠る。
お昼までたっぷりと睡眠をとると、マンダレーの街を散策に出かけることにした。

散歩中目に入ったレストランで食事をする。
1-IMG_3245

米の麺と、デザートに練乳ジャムソースパンを頼む。
デザートはぬるく、もっと冷えていれば美味しいかったはずなのだが。
1-IMG_32431-IMG_3244

 

マンダレー観光・マンダレーヒルへ

マンダレーの街は1日だけの観光と決めていた為、自転車を借りてマンダレーヒルまで走らせた。
ここは丘というか山になっていて、参道が全て階段になっており歩いて頂上まで行く事が出来た。
1-IMG_3265

途中で様々な仏像に会う事が出来る。
1-IMG_3266
1-IMG_3263
1-IMG_3260
1-IMG_3301

決して仏像マニアではないが、この仏像にはパワーを感じた。信じる方へ行きなさいと。
1-IMG_3270

1時間程かかり頂上に着いた。ただしこれといった感慨は無い。
1-IMG_3287
1-IMG_3285

マンダレーヒルはとにかく長い階段でかなりの疲労感もあったが、時間も無いのですぐさま南にあるアマラプラの街へと移動する。
1-IMG_3306

 

ウーベイン橋の夕暮れ

マンダレーからアマラプラへ、2時間程自転車を走らせて夕方5時頃、遠くにウーベインの橋が見えて来た。
1-IMG_3313

橋に近づくとまだ乾季だからか川の水が少なく橋の下の中腹まで歩く事が出来た。
1-IMG_3317

全て木製で出来ていて、補修を続けながら長く人々に利用されている橋だそうな。
1-IMG_3334
1-IMG_3328

上に登ると外国人観光客や、地元の人、お坊さんなど様々な人が行き交っていた。
1-IMG_3375

観光客向けでもあるが、地元の人が生活に必要としている橋だという事がわかる。
1-IMG_3387

橋の周辺の景色ものどかで、静かで、歩きながら心が安らいでいくようである。
1-IMG_3395
1-IMG_3421

歩いてみるとかなりの長い橋で、渡りきるまで30分程かかった。
1-IMG_3436

折り返して戻る頃には、西日で景色が赤く染まる。また違った橋の雰囲気を楽しむ事が出来る。
1-IMG_3438

橋と夕日が見える絶妙な場所にはカメラマンが沢山居て、私もそれに混じって写真を撮った。
1-IMG_3474

北へ南へと移動の忙しいマンダレー観光であったが、一日の最後には心静かにジワリと染み渡るようなウーベイン橋の景色を見れて満足した。
1-IMG_3480

ウーベイン橋。なんともフォトジェニックな場所であった。
明日、ミャンマーの軽井沢と呼ばれているらしい、ピンウールィンという街へ移動する。

つづく

(最終更新:2017年7月27日)
2034 views