KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

カシュガルからキルギスのオシュへ!国境越えの詳細な手引き!

2356 views
約 7 分

中国の成都から、電車とバスを2日間かけて辿り着いたカシュガル。
居心地の良さから1週間も滞在してしまった。
▶️【新疆ウイグル自治区-喀什(カシュガル)】情緒豊かなシルクロードの旧市街に魅了される

そして今日は宿であった旅仲間達と中国からキルギスへ抜ける。
後に続く旅人へ向けて、国境を抜ける情報を以下に記す。

 

カシュガルからキルギスへ陸路国境超え

▼放浪223日目 2014/7/18(木)
事前の調べでは中国のカシュガルからキルギスのオシュという街までは国際バスが出ているが、
値段が高い(60ドル?)のと、遅いのと、毎日運行していないのとで、利用価値なしと判断。
皆で相乗りタクシーなどを駆使しながら行く事になった。

♢ 午前8時30分頃
街の北にある国際バスステーションの南側の道にある乗合所から国境の街(ウルグチャット(ウチャ))行きの乗合タクシーを探す。
R0020055

場所はこのあたり。公厠w

♢ 午前8時50分
乗り合いタクシーに乗り込みイミグレのある「ウチャ(ウルムチャット)」へ。一人35元(580円)。

♢ 午前10時30分
ウチャ到着。中国側、出国ゲートへ移動。
R0020063

♢ 午後11時00分
国境スタッフに携帯の画像をチェックされ、写っていたシーホンシーチャオタンは旨い!などと談笑を終えると、無事に中国の国境を出国する事が出来た。
ここから更にタクシーでキルギス側の国境へ移動する。

中国とキルギスのイミグレが車で相当離れている奇妙な国境である。
それにしてもリュウタロウ君が元気だ。
R0020066

♢ 午後12時40分
キルギスのチェックポイント?のような場所でタクシーを降ろされて、入国スタッフらしき係員に通りがかりのトラックに強制的に乗らされる。
R0020079-001

 

スポンサーリンク

キルギス入国

♢ 午後13時15分
なんだか良く分からないまま流れに身を任せていると、いつの間にかキルギス側のイミグレに着き、
あっさりとスタンプを押され国境を超える事が出来た。
もうここはキルギスなのか。
R0020085

♢ 午後14時30分(キルギス時間 午前11:30(-3h))
中国のカシュガルを出発して5時間。ようやくキルギスに入ったが、この国境からキルギスの街「オシュ」までもかなりある。

タクシーの交渉で喧々諤々しながら、オシュまでのタクシーを捕まえる。1300ソム(2535円)で交渉成立。
R0020086

全然知らなかったが、この国境からオシュまでの道が絶景で有名な箇所らしく、ドライバーが何度か車を止めてくれた。

コンパクトデジタルカメラだと、どうもグッとくるのが撮れない。
R0020094

我慢ならないので一眼を取り出した。
遠くに雪山が広がり、たしかに絶景である。
IMG_3576

「これ一回やってみたかったんですよねー!」
と言ってリュウタロウ君は大地に寝転んだ。
自分も記念になんかやっとけばよかった。
IMG_3596

真っ直ぐすぎてとても気持ちいい一本道ひた走り。
IMG_3613

 

オシュの日本人宿「オシュゲストハウス」到着

♢ 午後15時頃(キルギス時間)
国境から約3時間、「オシュゲストハウス」に到着した。
なんとも殺風景な冷たい雰囲気のする建物である。
「ソ連」という感じがする。ソ連良く知らんけど!
IMG_3617

内装も普通のアパートの部屋にベッドを詰め込んだ形だ。
汚く見えるが実際は清潔感がある。ドミトリーというのはこういう物だ。
IMG_3715

キッチンも使えて、バス・トイレも清潔だ。
決して冷蔵庫に豚肉を入れてはいけない(冷蔵庫に注意書きがある。)。一泊350ソム(682円)
IMG_3717IMG_3716

場所はこのあたりのわかりずらい場所にある。
※宿情報と予約はこちら→「オシュゲストハウス(Osh Guesthouse)

腹ごしらえもかねて、オシュの街を歩く。
IMG_3620

市場へ行くと、見た目ホワイトチョコみたいな美味しそうな食べ物があった。
IMG_3625

口の中に放り込むと、ホロっとほぐれて口の中に広がった。
酸っぱい味と共に発酵食品特有の臭みが鼻に抜けた。
まるで胃液を固形化したような味だった。

同じく食べていたノグチ君も「ウワァ」と顔をしかめていた。
食べると皆同じような顔になる。
IMG_3627

現地のキルギス人は、これを美味しいと言っていた。マジかと思った。
しかし不味いなんて言ったら失礼にあたるではないか。
ここは「口に合わなかった。」という表現にしておこう。
出来立ての新鮮なものは美味しいらしい。

マーケットへ行くとキルギスの年配男性がよくかぶっている帽子が売っていた。
フェルト製で軽く安く、とんがってて変な帽子だ。
トダちゃんが購入したものを借りてかぶらせて貰った。
「カルパック」いうらしい。
トダちゃん似合っている。
IMG_3640IMG_3646

夕ご飯は「ラグマン」と「マンティ」を食べる。全部で113ソム(220円)。
中国と比べると味に深みが無いような。
IMG_3653

 

オシュの街を観光

▼放浪223日目 2014/7/18(木)
朝、一緒に国境を超えたリュータロー君がお腹を壊して寝込んでいる。
かなり重症のようで全然動けないみたいだ。

昨日の夜に階下に住むキルギス人に誘われて手料理をたらふく食べたらしく、原因はそれくらいしか考えられないらしい。
私は「現地人の手料理を食べれた」という、その一点においてリュウタロウ君を羨ましいと感じた。
でも食べなくて良かった。

リュウタロウ君を心配しつつも、オシュの街歩きに出掛ける。
IMG_3666

当てもなくブラブラしていると、前を歩く男性が振り返りこちらをチラチラ見てきた。、
5回くらいのチラ見の後、彼はついに我慢が出来なくなったのか英語で声をかけてきた。

どこから来たか、どこへ行くか、何をしてるのか、など他愛のない会話をし、
私は山へ行くつもりだと言うと、案内を買って出てくれた。
一人でブラブラしたかったので、やんわりと断るも、なんだかんだ言いながら人懐っこい野良犬のみたいにずっとついてきてしまう。

ペットボトルの水をよこせと言って間接キスをされたあたりから、
この人は何か裏を持って近づいてきてるのではないかと怪しい人に見えて来た。
別れ際にお金でも要求してくるのだろうと、警戒していると握手して爽やかに別れを告げられた。

なんだ、ただの良い人だったんじゃないか。
警戒する事で安全は保てるが、人との距離は離れてしまう。
海外ではこのさじ加減が難しいと感じる。

オシュにある世界遺産、スレイマン山の入り口に辿り着いた。
IMG_3669

なんの変哲もない山で、頂上につくとただ息が上がっただけで何の感慨もない。
IMG_3678

頂上にアイスクリームが売っていて、暑いこの日には心地の良い時間となった。
IMG_3679

山を下りて街や公園を歩いているとチェスのおじさま達と遭遇したり。
IMG_3711

マックを発見したり。
IMG_3721

カラオケ(KAPAOKE)を見かけたりとまあなんとも楽しい。
IMG_3710

オシュはもう良いかなと思いはじめてきたので、翌日には移動する事に決めた。
いまひとつまだキルギスとオシュを掴み切れないまま、明日に首都ビシュケクへ移動する。

つづく

(最終更新:2017年10月18日)
2357 views

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なつかしいですね!笑
    読んでて思い出し笑いしました。
    楽しかったですねー、あの国境越えは!

    • そうそう。月日が経って、また日記書くのも乙ってもんですよ。なんかまた戻りたいもん!楽しかったな!