KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

発見!ルーマニアの首都ブカレストでみたマンホールチルドレンの棲家の入口

1076 views
約 1 分

バスでブルガリアからルーマニアへ

▼放浪350日目 2014/11/22(土)
ブルガリアのルセにて、素敵なご婦人との交流を楽しんだ私は、次の国ルーマニアへ行く為、バスターミナルへ向かった。(※前回の記事→【放浪348-349日目-ブルガリア】ルセのドナウ川とご婦人
IMG_3570
 

街の中心にあるバスターミナルの敷地に入ると、タクシー運転手がどこへ行くんだ?!と話しかけてきた。バスでブカレストへ行く旨を伝えると、「バスは無いよ、タクシーしか無いよ!」と返してきた。
 
笑止。
私は前日にバスチケットを購入しており、この男が嘘八百を言っているのは明らかであった。
ポケットからチケットをこれみよがしに見せて、日本語で言い放った。

 「嘘つけ!オレ昨日チケット買って持ってるからバスあるの知ってんだよ~ん!バカチンがっ!(笑)」
 

男は二言三言言うと、薄ら笑いを浮かべながら離れていった。
私は別れ際に皮肉たっぷりに「チャオチャオ!(バイバイ!)」と捨て台詞を吐いた。
言いたい事を言って、気持ちがスッとしたようだった。

各国のタクシー運転手は、執拗な客引き行為や値段をつり上げたり、嘘をついたりと調子に乗っている奴が多く、私はタクシー運転手が嫌いだった。
今までの鬱憤を晴らすかのように、今回は思いっきり罵倒してやった。
後で少し言いすぎてしまったなと思いながら。

 

12時半。ミニバンのような車に乗り込むと、中にはルーマニア人が数人居るようだった。
ルーマニア語で挨拶しようとしたが、言葉がわからなかった。そうだ、もう次の国へ進もうとしているのだ。
IMG_3571

ブルガリアからルーマニアには、シェンゲン協定により入国審査が無い。
一応パスポートチェックや身分証のチェックはあったが、それも簡単なものだ。VISA申請やスタンプなど必要ない。
まるで隣町へ行くように、13か国目のルーマニアに入国した。
Untitled

スポンサーリンク

ルーマニアの首都ブカレスト到着

出発から1時間半程。ルーマニアの首都ブカレストに到着した。
空は薄暗く今にも雨が降りそうだった。
IMG_0734

宿泊した宿は、「Puzzle Hostel」。一泊30レイ(約960円)
ドミトリーの部屋は狭く、暗い印象を与えた。同部屋の客の雰囲気も、やたら社交的で柄が悪い。
翌朝の朝食も決められた時間に来ず、1時間程待たされたり、スタッフもやる気が感じられない。
他にもっと良い宿があるだろうが、安さを求めるならここで十分かもしれない。
IMG_3581

 

チャウセスクの子供達

▼放浪351日目 2014/11/23(日)
ルーマニアの、特に首都ブカレストの治安は悪い事で知られていた。
野犬が多かったり、スリやぼったくり、数年前には日本人が殺害された事件が起こり、私は警戒しながら街を歩いていた。
IMG_0740

ブカレストの街の第一印象は「辛気臭い」だった。
建ち並ぶ家々は一見して立派であるが、人の気配が無かったり廃墟のように見える建物も多かった。
IMG_0718

人が多い街の中心地へ行っても、うっすらと漂う陰気さは拭えなかった。いや自分自身も陰気だから丁度良いのかもしれない。
IMG_0735

 

歩いて行ける距離で観光をしてみる事にした。
革命広場には、ルーマニア革命で犠牲になった人々を追悼するためのモニュメントが建っていた。
IMG_0738

黒い脳のような物体を白い柱が貫き、血が出ている。コンセプトは知らないが、あまり良い趣味とは言えない。
IMG_0739

次の観光スポット、国民の館へ。
IMG_0727

この建物は、1989年のルーマニア革命で処刑された「ニコラウ・チャウシェスク」が残した建物だ。
経済が困窮する中、国民を無視した政治をしていたチェウセスクは、私利私欲の為にこの大きな宮殿を建てた。

内部の見学も有料で出来るようだが、中へは入らなかった。
IMG_0731-001

 

宿に戻り、少しでもルーマニアの事を知ろうと、インターネットで調べていると「チャウシェスクの子供達」というNHKの古いドキュメント番組に辿り着いた。

 
ルーマニアは1989年の革命までニコラエ・チャウシェスクの独裁国家であった。
当時、人口増加が国力を強くすると信じたチャウシェスクは45歳未満の女性に対して、子供を4人産むまで中絶を禁じるという政策をたてた。違反すると禁固刑になる。

ところが経済的な理由などで密かに子を捨てる親が増え、多くの子供が孤児院に入れられた。
革命後に孤児院の子供達が街に溢れ、ストレートチルドレンになった彼らは「チャウセスクの子供達」と呼ばれるようになったのだった。

 

ドキュメントに出ていた子供達は今は30代になっているはずだった。
彼らは駅前の地下に潜り生活をしているようだった。
 ※参考リンク→「ルーマニアの闇、下水道で暮らす「マンホール・チルドレン」と呼ばれるチャウシェスクの孤児たち

マンホールチルドレン達の穴

▼放浪352日目 2014/11/24(月)
ブカレストを離れる朝、鉄道駅の道路を隔てた場所に、奇妙な像と地面に空いた小さな穴を発見した。
IMG_3582

電線が穴の中へ伝っている事から、ここに「チャウセスクの子供達」がいるようだった。

私は度胸が無く、丸山ゴンザレス氏のように突入取材をする事は出来なかったが、心の奥では行ってみたいという衝動はあった。
※参考リンク→「麻薬中毒者の巣窟!ルーマニア・マンホールタウン潜入記 ~丸山ゴンザレスの「クレイジージャーニー」裏日記1
IMG_3584

 

ブカレスト。
空き家や廃墟が多かったり、街の雰囲気が暗かったり、物乞いが多かったり。やはり辛気臭い。
その臭さには、歴史的な理由が存在していたのだ。

ルーマニアの歴史や、抱える問題を知れた旅だった。
旅は無知な私に、色々な知るきっかけをくれる。

 

次の街ブラショフへ移動する。
 

つづく・・・。