KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

スペイン巡礼31日間!毎日死んで毎日生き返る!780キロを超えたサンティアゴ巡礼の費用と絶対に行くべき5つの理由

10256 views
約 8 分


僕が2年間の旅の中で、最も心が熱くなり、魂を削るようにして歩いた780キロの道、
「カミーノ・デ・サンティアゴ」の旅をご紹介致します。
※ 2015年1月~2月に旅した情報です

 

サンティアゴ巡礼って何なの?

「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」とはスペイン西部に位置する都市の名前で、キリスト教三大聖地の一つです。
この聖地へ目指す旅を「カミーノ・デ・サンティアゴ(サンティアゴの道)」と呼びます。
「四国お遍路のスペイン版」と言うとわかりやすいでしょう。

聖地サンティアゴへは北部の海沿いやポルトガルからの道など様々なルートがありますが、僕は最もポピュラーな「フランス人の道」と呼ばれる、全長780キロを歩きました。

 

特にキリスト教徒ではなくてはならないというルールはなく、馬や自転車で行っても構いません。
途中の町から始めても良いし、疲れた!と言ってバスに乗ったり、一旦帰国しても良いのです。
すべてが自由です。

ルールがあるとすれば、巡礼者である事を証明するクレデンシャル(身分証明書)を所持する事でしょうか。これが無いと巡礼者用の宿に泊まることが出来ません。
現地の大きな町の宿、または日本でも購入できます。
※参考リンク:「クレデンシャル(La Credencial:巡礼手帳)

出典:日本カミーノデサンティアゴ友の会

 

さて、そんなサンティアゴ巡礼の一体何が良いのか?魅力を語っていきます。

 

スポンサーリンク

1-サンティアゴ巡礼路は田舎の風景が美しい!

「ヨーロッパの田舎を歩いてみたい!」僕がカミーノを決断した理由の一つでした。
スペインの北部を横断するので、様々な景色を楽しむ事が出来ます。

木々に覆われた深い森。どこまでも続く緑豊かな美しい草原の景色。
清らかな風に吹かれ、ゆったりのんびりと歩きました。

眠い目をこすりながら、夜明け前に宿を出発し、昇りくる朝日を見ながら歩き始めます。
夕方、一日中歩き疲れた体に沁みるような夕焼けを浴びて宿に着く。充実した毎日を感じました。

山越えのある日は、登るにつれて寒くなる気温と強くなる吹雪。足と背中に走るズキズキとした痛み。
「うう、オレはなんでこんな事をしてるんだ。ああ!もうやめたい!帰りたい!」と、心が泣き叫びました。

森の道、雪の道、砂利の道、草原の道、山道、泥道。
色々な道を通り、でもやはり美しい景色に救われながら、ただただ歩き続けました。

 

2-サンティアゴ巡礼路はスペイン料理が美味い!

巡礼の旅は大量のエネルギーを消費するので、とてもお腹が減ります。
空腹のおかげもありますが、巡礼中に食べたスペイン料理はどれも唸るように美味しかったのです。
これはスペイン名物のパエリア。

その中でも絶品だったのは「プルポ」です。
タコのアヒージョ(オリーブオイルとニンニクの煮込)ですが、これまで食べたことの無いようなとろける食感でした。
巡礼後半の街、メリデという町の名産です。

 

3-サンティアゴ巡礼路は蛇口からワインがダダ漏れ!

カミーノの人気スポットの一つに、蛇口をひねるとワインが出てくる(無料!)ポイントがあります。
「ワインの泉」と呼ばれ、イラーチェ村のワイナリーが巡礼者向けに提供しています。

僕が行ったときは蛇口ひねっても何も出ず空でした!畜生!

通常は左側の蛇口からご覧のように出るようです。※画像はネットから拝借

出典: https://sobermanpower.wordpress.com/2015/05/09/soon-100-days-and-free-wine-in-spain/

 

4-サンティアゴ巡礼路は格安の費用で行ける!

値段の安さもこの巡礼を選んだ理由の一つでした。

巡礼者は各町にあるアルベルゲと呼ばれる宿や教会に泊まることになります。
一泊5ユーロ~10ユーロ程(650円~1300円)とヨーロッパなのにとても格安の費用です。

共同のトイレやシャワー洗濯機や乾燥機もあるので、毎日リフレッシュして出発できます。
※ちなみにベッドには布団が無いので、寝袋は必須です。

総日数31日間。宿代と食費を合わせて、7万8千円で旅をする事が出来ました。
一日平均2500円程の値段。スペイン巡礼は格安の費用で旅が出来るのです。
cost-graph

僕は陸路で行きましたがスペイン行きの飛行機も安いようです。
スカイスキャナーで検索すると、往復で5万1千円のチケットを発見しました。時期を選ばなければ安い!
▶️格安航空券の比較 スカイスキャナー

 

5-サンティアゴ巡礼路は外国人と交流が楽しい!

多分、この外国人達との交流がサンティアゴ巡礼の醍醐味だと言えます。

僕はフランスの田舎街から一人で始めましたが、道中は様々な国の人に出会い友達になりました。
日本、韓国、アメリカ、イタリア、ドイツ、アイスランド、アルゼンチン、ロシア・・・などなど。
年齢も幅広く下は14歳くらいの少年から、60歳を超えたようなおじいちゃんまで。

そんな彼らと1か月、一緒に歩き、ご飯を作り食べ、笑い、励まし合い、イライラしたり、避けたり、助けられたり。
宿を離れると、また一人になるのですが、結局次の宿で「また会ったね!」と再会します。

道中、肉体的にはとても辛かったですが、彼らと共に苦難を乗り越えた一か月でした。

 

おわりに~サンティアゴ巡礼を振り返って~

旅を出発して1年が経ち、ヨーロッパを無気力に旅をしていたこの頃。
FBで友人が「カミーノ・デ・サンティアゴ」を歩いている事を知りました。
行くしかない!と東欧に居た僕は、急いでスペインへ移動しました。
期待通り、魂を削るような、燃えるような日々でした。
 

重さ25キロの全荷物を持って、毎日20キロ~30キロをただ歩く。
「辛い」「痛い」「寒い」「帰りたい」「嫌だ」「ダメだ」「もう限界だ」
と何度つぶやいただろうか。

しかし、ご飯は悶絶する程に旨く、休憩で飲むカフェの甘味は全身に沁みるようで。
一日の終わりのシャワーは声を上げる程の快感で、寝袋に入る直前はこれ以上ない程の幸せを感じました。
毎日死んで、毎日生き返るような日々でした。

生きている実感は、過酷な状況であるほどに感じられる。
「また行きたい」と思うのは、自分の生命力を感じたいからなのでしょう。

 

忙しい日本において、一か月休みを取ってスペインまで行くのは難しいかもしれません。
しかし、長い人生の中のほんの一か月だけ、こんな酔狂な毎日があっても良いとは思いませんか。
 

さあ、みなさん!巡礼へ出かけましょう!(ちい散歩風に)

 

以上、「カミーノ・デ・サンティアゴ巡礼の旅」を紹介させて頂きました。

でわでわ!

 
・毎日のスペイン巡礼の状況を綴った、旅行記もあわせてご覧ください★
▶️ 冬のサンティアゴ巡礼[1日目]絶望の初日ピレネー山脈越え

▼サンティアゴ巡礼関連のリンク

・サンティアゴ巡礼を題材にした映画
 これらの映画を見て巡礼に参加した旅人も居ましたよ。

・サンティアゴ関連書籍

・サンティアゴ関連リンク
NPO法人「日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会
ウィキペディア「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路