KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

冬のサンティアゴ巡礼[0日目] 多国籍な巡礼者達との出会い

2017年2月9日
約 4 分


2年の旅の中で最も心を熱くさせてくれた、スペイン巡礼31日間の旅の記録0日目です。
これから巡礼する人や、興味がある人へ向けて、旅の参考になればと思います。

サンティアゴ巡礼ってなんなの?という人は、以下の記事をはじめにご覧くださいませ。
スペイン巡礼31日間!絶景・友情・感動の780キロを超えたサンティアゴ巡礼の費用と絶対に行くべき5つの理由
冬のスペイン巡礼-準備編・旅に必要な持ち物や情報

・本記事は、2015年1月~2月に旅した情報を元に作成しています

パリからサンジャンピエドポーへ

▼放浪396日目 2015/1/6(火)
愛情溢れるフランス人家族の家で7日間ホームステイし、名残惜しみながらパリを離れる。

次の目的地である、スペイン巡礼のスタート地点のサンジャンピエドポーへ移動する。
パリからの直接行けないようで、一旦フランス南西部のバイヨンヌへ移動。ここは生ハムで有名らしい。

サンジャンピエドポーに到着-巡礼事務所へ

▼放浪397日目 2015/1/7(水)
午前5時頃、まだ夜が明けていない暗い時間帯にバイヨンヌ到着。
生ハムを食べる暇もなく、眠い目を擦りながらバスの出発。
サンジャンピエドポーに到着したのが午前9時頃。

山々に囲まれた小さな町は、田舎にありながら綺麗に整備されている。
鉄道駅前に降ろされて、重い荷物を背負いながらうろうろしていると、すぐに地図と看板を見つけた。
迷わずツーリストインフォメーションへと向かい、ここでスペインの巡礼に必要なクレデンシャル(巡礼証明書)を購入。3ユーロ(約435円)。

その足でツーリストインフォーメーションで教わった、アルベルゲ(巡礼宿)へ向かう。
鉄道駅から約10分。シタデル通り沿いにアルベルゲと巡礼事務所がある。

巡礼事務所では、冬季で開いているアルベルゲの町と宿名の一覧リストをくれた。
1月のこの時期はローシーズンである為、閉まっている宿が多いので結構重要である。
(その街を目標に歩いて宿に着いたら閉店してて更に10キロ歩く、みたいな事象が発生します。)

15時にアルベルゲが開くのを待ち、ようやく宿にチェックインをした。
荷物を置かせて貰い、カメラとサブバッグを手に街をブラブラと散歩する事にした。

サンジャンピエドポーの街歩き

巡礼事務所を出ると、このシタデル通りが観光の中心らしく、風情のある街並みが続いている。
明日からの巡礼の準備も出来たので、やることもない。ただブラブラと何か良い景色は無いかと歩き続けた。

小さな川に架かる橋の前に時計塔と門が見える。町の中心のランドマークタワーのようである。

一応、観光スポットらしき砦が見えたので、丘の上へ上がる事にした。

これぞヨーロッパの田舎町!という景色を見る事が出来た。
屋根の色が統一されていて、風情がありとても美しい。

サンジャンピエドポー。長閑な田舎町が心地よい街である。

巡礼の愉快なメンバーたち

町の散歩も終わり、夕方にアレベルゲに戻ると賑やかな声が聞こえた。
ドイツ人や3人の韓国人、アルゼンチンやアイスランド人など、総勢6人ほど。年齢も20代〜40代まで、なんとも陽気なメンバーが揃ってきた。

宿の女性スタッフに明日のルートの説明があった。
「サンジャンピエドポー」から次の町、Roncesvalles(ロンセスバーリェス)までは約25キロ。
途中にアルベルゲはあるが冬季休業中である。ピレネー山脈を超えるルートなので登り坂が多く、とても過酷よ。
という事だった。

私は歩くのが好きであり、旅の最中も日頃から10キロは歩く事が多かったので、すべての荷物(25キロ)を背負って行く事を決めていた。
スタッフや巡礼者達は、「やめろ!クレイジーだ!」「荷物を郵送しなさい!」「それは無茶よ!」などと言われたが、いまごろ郵送するのも面倒で、最も重い荷物であるカメラ機材を手放すのも心配なので、全部背負って出発する事に決めた。

明日は朝の8時に出発する。
フランスで買ったばかりの寝袋を取り出して、ふかふかの布団の上で、少しだけワクワクしながら眠りについた。
明日からどんな旅がはじまるのだろうか。

つづく

コメントを書く

*
*
* (公開されません)