KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

冬のサンティアゴ巡礼[4〜5日目] エステーリャ・肩と背中の鈍痛が始まり旅のリズムを得てきた

880 views
約 4 分


世界放浪2年の中で最も心を熱くさせてくれた、スペイン巡礼31日間の旅の記録4〜5日目です。
今後巡礼する人や興味がある人へ向けて、旅の情報を記録しています。

サンティアゴ巡礼ってなんなの?という人は、以下の記事をはじめにご覧くださいませ。
スペイン巡礼31日間!絶景・友情・感動の780キロを超えたサンティアゴ巡礼の費用と絶対に行くべき5つの理由
冬のスペイン巡礼-準備編・旅に必要な持ち物や情報

・本記事は、2015年1月~2月に旅した情報を元に作成しています

サンティアゴ巡礼4日目の朝

▼放浪400日目 2015/01/11(日)
パンプローナ(Pamplona)への21キロを走破し、巡礼ではじめての大都会を楽しんだ。
宿でワインを飲みベロベロになって寝てしまった私は、次の街プエンテ・ラ・レイナ(Puente la Reina)への27キロを進む。今日も結構な長距離を歩く。

朝7時45分発。まだ誰もいない街中を歩き始める。
街に巡礼のシンボルマークの貝殻とともに、サンティアゴへの道を示す矢印が各所にある。
その方向へ進めば迷うことがないのだけど、街中では矢印を見失うことが多い。

プエンテ・ラ・レイナの看板。町が終わる。

夜があけた。連日天気が良かったがこの日は雲が多く寒い。

歩くペースの遅い私は、一人で歩くことが多いが、この日は韓国人のチョルが一緒についてきてくれた。
すぐに疲れて休憩してしまう私を待ち、常に一緒に歩いてくれた。

お昼過ぎ、眺望の素晴らしい「ぺルドン峠」にたどり着いた。
遥か遠くまで見通せるかのような景色だ!

頂上では巡礼者を模した鉄製のオブジェが出迎えてくれた。
ものすごい強風が吹く場所であった。

同行していた韓国人のみんなと、ウィンドウズXPの壁紙だっ!と叫ぶ景色が続いた。

今日もかなり疲れてきているが、韓国人二人と話しながら歩けるので心強い。

またウィンドウズだっ!


17時。プエンテ・ラ・レイナ到着。
宿泊したアルベルゲは「Albergue de Peregrinos de los Padres Reparadores」。一泊5ユーロ。

スペイン風オムレツ「トルティージャ」を食べ、長い一日が終わった。

巡礼4日目データ
歩行距離・・・・・・23.5キロ(残り688.8キロ、累積91.7キロ)
使ったお金・・・・・16ユーロ(宿5ユーロ、食11ユーロ)
スポンサーリンク

サンティアゴ巡礼5日目の朝

▼放浪401日目 2015/01/12(月)
毎日歩いて、食べて、寝る、というリズムを掴めてきた。
今日はプエンテ・ラ・レイナ(Puente la Reina)から、エステーリャ(Estella)までの24キロを行く。

朝8時出発。プエンテ・ラ・レイナは王妃の橋が印象的な街である。

今日もサンティアゴの道をただただ歩く。。


10時。シラウキ(Cirauqui)到着。

今日は体の調子が良い。そして美しい風景の多い道である。楽しい。




15時。早い時刻に目的地であるエステーリャに到着。

宿泊した宿は、「Albergue Municipal de Peregrinos」。清潔感があり過ごしやすい宿であった。一泊5ユーロ。
ここではじめて日本人と出くわした。

つづく

巡礼5日目データ
歩行距離・・・・・・22キロ(残り666.8キロ、累積113.7キロ)
使ったお金・・・・・21ユーロ(宿5ユーロ、食16ユーロ)