KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

持ち運び楽々ソフトボックス【CACTUS CB-60W】をGIF動画でオススメする

1750 views
約 5 分


昨年購入したキャノンのストロボ「430EXⅢ-RT」を使っていて、光が強すぎるなーと悩んでいました。
使わない方がむしろ好みの写真が撮れて、段々と出番は少なくなるばかり。
でもせっかく高いお金で買ったストロボを活用したい!

調べてみるとソフトボックスがあれば光を柔らかくして、イメージに近い写真が撮れそうである。
という事で、先日「CACTUS CB-60W」を思い切って購入しました。
内容物や実際の使用感などをレビューしてみたいと思います。

ソフトボックスとは

その前に。
そもそもソフトボックスとは何かというと、ストロボに取り付けるアクセサリ(カメラ機材)です。
光を拡散して柔らかくしてくれる効果があります。以下のようなイメージ。

スポンサーリンク

CACTUS CB-60W 同梱物

さっそく購入した「CACTUS CB-60W」の同梱品を全て並べてみました。
以下の7点です。

これらは全て「⑦キャリアバッグ」に収める事が出来ます。

CACTUS CB-60W 組み立て方

実際に組み立てる様子を、GIFアニメを駆使して書いてみます。
折りたたんである「①ソフトボックス本体」を広げます。


GIF

本体の内側に「ディフューズクロス(内側)」を取り付けます。
四隅にある輪ゴムへ、金属製のフックを引っ掛けて取り付けます。細かい作業でやや時間がかかります。


GIF

「ディフューズクロス(内側)」 取り付け完了。

次に「ディフューズクロス(外側)」を取り付けます。
ソフトボックスの内側がマジックテープになっている為、簡単に取り付けが出来ます。

外幕をつけ終わったら、最後に「マジックテープ付きグリッド」も同じように貼り付けます。(撮影シーンによっては付けなくてオッケー)

これで完成です。

ライトスタンドへブラケットアダプターを取り付ける

ソフトボックスを使うには、別売りのライトスタンドが必要です。人間に持たせて代用も可。
私は「ETSUMI ライトスタンドM 3段 E-2037」を購入しました。

ソフトボックスを使う為の準備をします。
ライトスタンドの先端へ、「⑤ブラケットアダプター」を取り付けます。
上から刺して、ネジを締めて抜けないように固定します。


GIF

ライトスタンドにブラケットアダプターをセットしたら、ソフトボックスを取り付けます。
ブラケットアダプターのリングの部分に、力を入れてねじ込みます。

ソフトボックスを取り付けたら、ブラケットアダプターにストロボを差し込み、上のネジを締めます。


GIF

これで取り付け完了です。

ストロボを遠隔で使うには、電波を飛ばす装置トランスミッターか、もう一つ親機となるストロボが必要です。

CACTUS CB-60Wの撮影例

実際にソフトボックスを使ったもの、使わないで撮影したものとを比較してみました。
首回りの影や、後ろの壁に写る影の柔らかさの違いがわかると思います。

真ん中の矢印を左右に動かしてみてください。
左がソフトボックス無し。右はあり。

買って良かった「CACTUS CB-60W」

という事で、紹介してまいりましたソフトボックス「CACTUS CB-60W」
このソフトボックスのお陰で、夕暮れを背景に自然な光を当てる事が出来ました。

まだまだ全然ストロボを使ってイメージ通りの写真が撮れていないのですが、
これからこのソフトボックスで、遊んでみようと思います!
以上、「CACTUS CB-60W」の紹介でした。
お読みいただきありがとうございました!

撮影協力・モデル:ふささん
モデル:かんちゃん
モデル:やまさん

おまけ「CACTUS CB-60W」のたたみ方


GIF

(最終更新:2018年1月28日)
1751 views