KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

【バハレイヤオアシス砂漠ツアー1泊2日】2年の旅で屈指の絶景-エジプト「黒砂漠」と「白砂漠」

274 views
約 6 分


世界放浪の旅をはじめて、1年と4ヶ月。
エジプトの楽園格安リゾート地ダハブで1カ月過ごし、首都カイロへ移動した。

長旅が続き、心身共に疲れていた私は、王道のピラミッド観光に満足できず、
その翌日、日本から来た友人と共に「バハレイヤオアシスツアー」へ申し込むことになった。

砂漠の上で眠り、翌朝砂丘を駆け上って見た朝日は、この旅で屈指の絶景であった。

・本記事は、2015年5月に旅した情報を元に作成しています






日本人宿・ベニス細川でツアーの申し込み

ピラミッド観光を無気力に終えた私は、日本から来たゴールデンウィーク休暇中の友人カトちゃんと共に、バハレイヤオアシスツアーへ申し込むことになった。

このツアーは、ピラミッド観光の次に定番のツアーらしく評判も良い。
1泊2日の食事付きで、540ポンド(¥8,600)という低価格も決めた1つの理由である。

ツアーはカイロの定番の日本人宿「ベニス細川家」で申し込んだ。
日本人の集まる宿としても有名で、情報も集めやすくオススメの宿である。
ベニス細川家(Booking.com)

スポンサーリンク

バハレイヤ・オアシスツアーへ出発

▼放浪512日目 2015/5/3(日)
ツアー当日の朝、バハレイヤオアシスの中継地点である、「バウーティ村」まで移動する。
安いツアーを選んだ為、公共バスを使い自力で行く必要がある。

8時頃出発。荒涼とした大地を走り抜けると、約2時間ほどでバスは止まり休憩に入った。

エジプト人の主食「アエーシ」を食べるエジプシャン

お昼ごろ「バウーティ村」に到着。
日差しは強いが湿気はなく、不快感がない。

ボロボロのジープへ乗り換えて昼食を済ませた後、ここからいよいよ砂漠ツアーがはじまる。

エジプトの国土90%を占める砂漠に、切り裂くように走る道。
この一体の砂漠は、サハラ砂漠の北東部分に位置する場所で、リビア砂漠・西方砂漠とも呼ばれる。

スポンサーリンク

火山噴火の玄武岩散らばる「黒砂漠」

15時ごろ、最初の観光地「黒砂漠」に到着した。
絵の具を塗りつぶしたような青い空と、荒涼とした大地。

もっと真っ黒に焦げた、火山灰的な砂漠を想像したが、ガスバーナーで表面をこんがり焼いたような黒さ。
見える範囲にある砂丘は、その足で登る事ができる。

砂丘を登り始めると、見た目よりも急坂で想像を超えて高所。
上から見る黒砂漠の眺望から、どこまでも続く果てしない地平線を見る事ができた。
車と人があんなにも小さくなっている。

黒砂漠で黒く見える石は、かつて噴火した火山岩(玄武岩)。
別の惑星にきたような景色。

きらめく宝の山「クリスタルマウンテン」

黒砂漠から移動して、「クリスタルマウンテン」へ。
ツアーなので全てはガイドに従うのみ。
楽であると感じる一方で、時間と場所の制約は致し方ない。

周辺の岩を見ると、方解石の結晶が岩肌にびっしりと見る事ができる。
「うおお!宝の山だ!」と興奮する事なく、さらりと確認して次のスポットへ向かう。

スポンサーリンク

かつては海の底に。白銀に輝く「白砂漠」

次の目的地、白砂漠へ向かう車窓から、徐々に景色が変化してきた。

白砂漠に到着。
ここでは白く幻想的な景色と、風で侵食された奇岩の絶景を見る事ができる。

白い岩は石灰岩の塊。サンゴや貝類の死骸が積もり固まったもの。
かつて、ここは海の底であったことを物語っている。

リビア砂漠(西方砂漠)の夕日

白砂漠を後にした我々は、今晩の宿泊場所へと移動する。
通常は白砂漠で宿泊するらしいが、この一帯の治安が不安定らしく、黒砂漠方面での宿泊に変更されたようだ。

砂丘の道を走る。遮るものが何もなく美しい。

スポンサーリンク

砂漠の星空の下で野営(キャンプ)

このツアーの醍醐味の1つ、砂漠の星空の下で一泊するというイベントがある。

火を焚いたり食事の用意、寝床の準備など、すべてドライバー兼ガイドが用意してくれる。

その間、焚き火をしながら、過去と未来に思いを馳せる。

旅に出て1年を超えていた私は、移動に疲れ果てていた。
これからアフリカ大陸を南下する気力がどうしても起こらない。

特に780kmを歩いたスペイン巡礼の旅でほとんどの体力と気力を使い果たし、
燃え尽き症候群のような状態になっていた。
どこへ行っても無感動になった男が、これ以上の惰性の旅に何の意味があるのだろうか。

砂漠で一夜明けた朝

▼放浪513日目 2015/5/4(月)
朝5時。空が明るくなりはじめた時、自然と目が覚めた。

東の空を見ると、まだ夜明けには時間があるようだった。
急いで行けば、日の出が見れるかもしれない。

見晴らしの良い場所へ急ごうと、カメラを持って大きな砂丘を目指した。

近づくと、意外なほどに急な砂丘。
途中砂に足を取られて、サンダルが脱げ落ちてしまう。
ええい、と裸足になり、砂丘を駆け上がり、振り返ると乗ってきたジープがあんなにも小さい。

息を切らし砂丘の頂上に到着した。
なんとか日が出る前に、間に合った。

日の出前ではあるが、もうかなりの絶景が繰り広げられていて興奮が冷めやらない。

5時半頃、ついに日が昇りだす。

 

東の空から光が差し込みはじめ、砂丘に陰影がつき立体的になっていく。
黒い岩の力強さと、なめらかな砂丘が混じり合った、異世界の絶景を見る事ができた。


バハレイヤオアシスツアーの終わり

すばらしい朝日を見れて満足した私は、砂丘を駆け下りた。

日が高くなり、ジリジリと焼けるような陽射しになってきた。
車へ戻るとツアーガイドが後片付けをはじめていた。

砂漠から村へと戻る。
バハレイヤツアーが終わりを告げた。

バハレイヤツアーを振り返る

エジプトという国は、アフリカ大陸の北に位置していて、
アラブや中東の文化が強く、さあいよいよ南下してアフリカの旅がはじまる、という時期であった。

長旅で疲れ果てていた私は、過酷なイメージの強いアフリカの旅を前にして、まったく気持ちが前に進まなかった。
そんな中で参加した、このバハレイヤオアシスツアーは、旅の感動と喜びを呼び起こしてくれるような体験となった。

大自然を前にすれば、また旅の情熱を取り戻せるのだ。

と言いながら、このツアーが終わると、また動きが鈍くなる。
またしても楽園ダハブへ戻り、1ヶ月ほど沈没する事になるのだが、それはまた別の話。

エジプトの旅はつづく






コメントを書く

*
*
* (公開されません)