KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

【 どんなときもWiFi口コミ】ノマド旅に車中泊に最適!田舎や山間部も無制限で通信速度良好なオススメポケットWi-Fiのメリットとデメリット

453 views
約 6 分


こんにちは、ヒロタケンジです。
車中泊生活をはじめて、もうすぐ2年が経とうとしています。(2019年末)
※車中泊?どういうこと?という人は以下の記事をごらんください
>>【車中泊快適化大作戦】軽自動車にベッドマットと棚をDIYして旅に出た

車中泊しながらの仕事をしていると、WiFiカフェ探しに苦労します。
よく利用させてもらったカフェは「スターバックス」「コメダ珈琲」「ガスト」。
上記の三つは、全国の店舗数が多く、Wi-Fiは安定し、深夜まで営業していて、大変お世話になりました。

地方へ行きようやくWiFiカフェを見つけても低速で繋がらずまた移動・・・なんてこともよくありました。
いま住んでる千葉の田舎もガストしかありません。
限界を感じた私は、ついに「どんなときもWifi」を導入したのです。
この決断は大成功。
現在は快適なノマドライフを過ごしています。

今回はそんなどんなときもWiFiを使った感想、メリットやデメリットなどを書いてみました。
それではどうぞ!

どんなときもWi-Fiの特徴をみる






どんなときもWi-Fiを使ってみたメリットやよかった事

どんなときもWiFi」を使いはじめて1ヶ月以上経過したので、車中泊をしながら感じた事、感動した事などを書いてみました。
個人的に満足しており、おすすめのポケットWiFiです!

どんなときもWiFiの通信速度は田舎でも(そこそこ)はやい

車中泊で旅をしながら、田舎や山間部を通る時があります。
けっこうな田舎へ訪れても、意外にしっかり電波が通じる!と感じました。

クラウドSIM」を採用しているため、「DoCoMo」「ソフトバンク」「au」のLTEの電波が使えれば、自動的に速度のはやい回線へ切り替えて通信してくれます。この機能がどんなときもWiFiのキモです。

実際に、日本各地の旅をしつつ」「fast.com」で回線速度を計測してマップ化してみました。
場所や時間帯にもよりますが、おおむね5Mbps以上の速度は出ています。
参考にごらんください。

—どんなときもWiFi通信速度の記録—

申し込み→受取→利用開始がはやい

すぐにでも使いたい気持ちがあった私は、webで申し込み→利用開始までのスピードに驚きました。
公式ページから「店舗受取サービス」を使い、申し込んで翌々日には秋葉原で受け取る事ができたのです。
もちろん、その日からWi-Fiの通信が使えるようになりました。
素晴らしく早い、そして便利。

店舗受取サービス開始|【公式】どんなときもWi-Fi
👉https://donnatokimo-wifi.jp/instore_pickup

無制限なので10ギガ超の写真を大量にアップロードできる

撮影の仕事のあと、10ギガ以上ある大量のデータをネット上にバックアップする必要があります。
他社の場合、容量の制限が3日で10ギガ・・など決められている事が多いです。
しかし、どんなときもWi-Fiは容量無制限なので、大容量データのアップロードも気にする事なく利用出来ます。

今日も約6Gほどのデータ通信を行いましたが、20Mbpsの速度が出ています。

これは仕事をする上で、かなり助けられています。

携帯プランの変更で通信費用を削減

容量無制限になった事で、携帯通信費・LINEモバイルの契約プランの変更をしました。

¥1,690 LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン 3GB / 音声通話SIM」
⬇️
¥1,200 LINEフリープラン 1GB / 音声通話SIM

毎月¥490の削減をしつつ、携帯でもパソコンでも容量無制限での通信が可能となりました。
家でも仕事出来るので、カフェの代金も節約!

友人に気軽に貸せる・共有できる

容量無制限のおかげで、友人達に気軽にWiFiを貸せるようになりました。
パソコンや携帯などに同時接続5台まで利用が可能です。


ということで、「どんなときもWiFi」のメリットを紹介させて頂きました。
次は、デメリットを紹介いたします。

どんなときもWi-Fiの特徴をみる

スポンサーリンク

どんなときもWi-Fiは解約に注意!デメリットや懸念事項

いい事があれば悪い事があるのが人生。ポケットWiFiも同じこと。
どんなときもWi-Fiの気になる点などを書いてみます。
特に解約時に注意が必要です。

2年契約の縛りがあり解約金が発生する

携帯やポケットWi-Fiでよくある「2年縛り」がどんなときもWi-Fiにもあります。

契約してから1年以内に解約すると「19,000円(税抜)
2年目に解約すると「14,000円(税抜)を支払う必要があります。

丸2年経過した更新月のみ解約金は0円になるので、この時を待ちましょう。
はじめに申し込む時は、覚悟を持って契約しましょう。

料金プラン|【公式】どんなときもWiFi
https://donnatokimo-wifi.jp/price

WiFiルーターはレンタル品で返却必須。壊したら弁償しないといかん

契約と同時に渡されるWiFiルーター。毎月0円でレンタル出来るのですが、あくまで借り物なので解約時に返却する必要があります。
端末本体と、外箱の2点。
本体が使用できない状態になった場合、¥18,000の損害金が発生します。

端末は大切に使いましょう。

2年を超えると何故か月学料金が上がる

容量無制限なのに格安で使えるどんなときもWiFi。
月額3,480円で利用できるのですが、2年目以降は何故か、¥3,980に値上がりします。
2年割から長期割に移行する段階で、割引額が下がるのが原因のようです。

私は問答無用で、2年の契約が終わったら解約するつもりです。

スポンサーリンク

どんなときもWiFiの評価・まとめ

という事で紹介させて頂きました、どんなときもWiFi。
もちろんデメリットも多くありますが、実際の利用してみた速度と価格面でかなり満足しています。

・通信速度結構はやい!
・対応エリアが広い!
・月額利用料が安い!

上記の理由から、デメリットが気にならないほどにオススメします!
以上、車中泊やノマド旅に最適な「どんなときもWiFi」のご紹介でした。

どんなときもWi-Fiに申し込む?






コメントを書く

*
*
* (公開されません)