KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

【アフリカ縦断】エジプトからスーダン共和国・陸路と湖の国境越え

460 views
約 3 分


世界放浪2年の終盤、私はアフリカ大陸を旅していた。
エジプトでの113日間の観光を終え、南の隣国スーダン国境の街「ワディハルファ」へ移動する。

過酷なイメージの強いアフリカの旅に躊躇しながら、いよいよ旅の本番であるという覚悟で、アスワンの街からスーダン行きのバスへ乗り込んだ。

・本記事は、2015年7月に旅した情報を元に作成しています






アスワンからスーダン・ワディハルファへ国境超え

▼放浪574日目 2015/7/4(土)
アスワンに滞在していた私は、いよいよスーダンへの旅に重い腰をあげた。
すでにエジプトのアスワンでさえかなりの暑さ。南下してさらに暑くなることを想像して足取りはまた重くなる。
古びた雑居ビルの闇両替屋へ行き、エジプトポンドをスーダンポンドに変えてもらう。

アスワン・両替情報(2015年7月時点)
300エジプトポンド(¥4,800)→360スーダンポンド(¥4680)

深夜2:50。小さなバンに荷物を載せて出発した。こんな車でスーダンまで行けるのだろうか。

深夜4時。
スーダンまで行くと思われていたバンが停まり、大きなバスがやってきた。
どうやら、これがスーダン行きのバスであった。

超大型の船でバス丸ごと移動

朝9時、ナセル湖沿いに到着。
ここから船にバスごと乗りつけ、湖を渡る。

9:40に出発。
バスが6台も乗る、超大型の船である。
船代50エジプトポンド(¥800)。荷物台20エジプトポンド(¥320)を支払う。

ついに、スーダンという訳のわからない未知の国へ移動する。
何が起こるかわからない場所で、自然と気を引き締めている自分がいる。

エジプトからスーダンへの国境超え

船が岸に到着し、バスはようやく陸へ乗り込む。

11時頃、エジプトの出国ゲート到着。
荷物検査の行列があったが、外国人は別の窓口から入ることができた。

荷物チェック、エジプト出国スタンプの押印。
スーダン国境での入国チェック。
黄熱病の予防接種証明書「イエローカード」のチェック。
簡単な手荷物チェックが終わった。

16時頃、ようやくスーダンへ入国。
深夜バスから乗り継ぎ、長い道のりであった。

スポンサーリンク

スーダン国境の街「ワディハルファ」到着

スーダンのイミグレーションからバスでさらに30分ほど、国境の街「ワディハルファ」に到着。
もう少しで日が暮れる寸前で街につくことができた。

道は土がむき出しのような、砂に覆われているようで、埃っぽい。
エジプトに比べて、低い屋根の簡素な家が多く見えるのは田舎だからだろうか。
道行く人を見ると、肌の黒い顔から白い目がギラリと光り、すこし怖い印象がある。

宿にチェックインすると、スーダン名物青空ベッドがある。
今日は、誰だか知らないスーダン人達と一緒だ。
不安と緊張とワクワクの、スーダンの旅がはじまる。






(最終更新:2020年1月20日)
461 views