KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

ブルガリア・丘と川に囲まれたヴェリコタルノヴォに残る中世の街並みと廃墟

795 views
約 7 分

▼放浪342日目 2014/11/14(金)
いまひとつぱっとしなかったブルガリアの首都ソフィアを出発し、次の街「ヴェリコタルノヴォ」に到着した。運賃は22レヴ(約1600円)
Fullscreen capture 2292016 21712 PM

 

ヴェリコタルノヴォの宿

バス停から1時間ほど歩き、定番宿のHOSTEL MOSTELにチェックイン。
首都のソフィアで泊まった宿と同じ系列のホステルだ。
IMG_0651

受付で対応してくれたブルガリア人の女性は、英語でたどたどしく話す私に笑顔でゆっくりと話しをしてくれ、優しく明るい素敵な女性だった。

宿の雰囲気も温かく、家具や調度品もこだわっているようで洒落ている。居心地が良く、気付くとここに一週間も滞在してしまった。
とてもオススメの宿である。※宿情報と予約はこちら→「Hostel Mostel(Booking.com)
IMG_0038

 

スポンサーリンク

ヴェリコタルノヴォ観光・中世の雰囲気漂う街並み

▼放浪343日目 2014/11/15(土)
この町に長期で滞在してしまった理由は、居心地の良かった宿の他にもう一つ、街の美しさにあった。
風情のある石畳の道が続き、細い路地の坂や階段が多く、ちょっとした迷路のようになっている。
IMG_9968

見方を変えれば廃れた田舎町と言えるような景色もあるが、私はそんな街が好きだ。
IMG_9964

日本に例えるならば、尾道だろうか。故郷に帰ったような、ほっとする雰囲気がある。
IMG_9950

街には3つの丘と、穏やかな川がある。
歩いていると勾配のきつい坂が多く、散歩はそれなりに体力がいるだろう。

丘の上へ登れば、程良い大きさの街並みが一望できる。
IMG_0545

ヴェリコタルノヴォは、昔あったブルガリア王国の首都だった場所らしい。
この風情は積み重ねた歴史からにじみ出ているのだろう。
IMG_0060
 

ヴェリコタルノヴォ観光・大主教教会へ

ツァレヴェッツの丘にある、街の象徴とも言える大主教教会へ向かう。
眼下に広がる街を眺めながら坂を上る。完全にヨーロッパに来たと感じる景色だ。
IMG_9984

遠くに教会が見える。この教会の敷地へ入るにはチケットが必要である。係員に6レヴ(約430円)を支払った。
IMG_0036

眼前に大主教教会が見えた。小城のようなたたずまいを感じる。
IMG_0007

階段を上り教会の中へ入ると、四方と天井に特徴ある壁画が描かれていた。
IMG_0027

漫画家、荒木飛呂彦先生を彷彿とさせるような絵のタッチだ。要するにジョジョっぽいと思ったのだ。
IMG_0032

きっと一つ一つの絵には、奥深いストーリーがあるはずだったが、例に漏れず私の興味は引かれなかった。
静かな教会の空気を、雰囲気を、堪能した。
IMG_0025

教会も素晴らしいが、周辺の敷地を散歩するだけでも楽しいので、お金を払って損はない場所だろう。
IMG_0035

 

UFOツアーへ

▼放浪344日目 2014/11/16(月)
宿の客が、「UFOツアー」へみんなで行かないか?と誘ってきた。
は、なんだそれは?楽しいの?と、聞くと最高だ、との返答。
事前に情報をよく知らないままノリで行ってしまったツアーは、想像をはるかに超えた美しい場所であった。
(※UFOツアーの詳細はこちら→【放浪343-344日目-ブルガリア】未確認飛行物体の廃墟
IMG_0161-001

 

ヴェリコタルノヴォ観光・かわいい野良犬

▼放浪345日目 2014/11/17(火)
昨日のUFOツアーで知りあった、ブラジル人カップルとマリコさんとで、街巡りをする事にした。
IMG_0300-001

ずっと曇り空が続いていたが、この日はようやく晴れ間が見えてきて散歩が気持ち良い。
IMG_0302

歩いていると、野良犬がずっと我々の後をつけてきたり、行く先で待っていたりしている。
IMG_0309

基本的に犬嫌いの私だが、この犬は人の感情をわかっているような聡い犬と見た。可愛すぎたので、皆でヴェリコと名付けた。
IMG_0379

ヴェリコとなら一緒に暮らせるような気がする。
IMG_0303

街の中心のメインストリートには華やかな店も多かったが、11月はシーズンオフなのか人の数はまばらであった。
IMG_0453

皆でレストランに入り、食事をとる。
野菜を引き肉で巻いた何かや、ポテトサラダ、ピクルスのようなサラダのプレートを注文した。8.6レヴ(約630円)。味は可もなく不可もなく。
IMG_3548

ヨーロッパで物価がどれだけ高くなるかと警戒していたが、それほどではないようだ。
東側のヨーロッパに関しては、まだまだ安い旅行が出来るようだ。
IMG_0456

マイタとレイナルドのカップルに、もしブラジルへ行くことがあれば是非会おうという話をした。
南米はまだ先で途方もない話だが、彼らが住んでいるというだけでとても親しみが湧くものである。
楽しいひと時をありがとう。
IMG_0483

もう日が暮れてきた。宿へ帰ろう。
IMG_0505

 

居心地の良い宿で休息日

▼放浪346日目 2014/11/18(水)
もはやヴェリコタルノヴォの観光は大体済ませた。
居心地の良い宿に身を任せて、4か月前のキルギスのブログを書いた。

出来れば最新のホットな記事を更新したいところだが、一つの記事を書くのに時間がかかりどんどん差は開くばかりだ。
しかしブログというのはずっと残るものである。時間をかけてでも、しっかりと納得した記録を残していきたい。適当になんか出来ない。

午後にはキルギスで会った旅人の友人との再会を祝した。
IMG_0517

 

雨が降ろうとも外出

▼放浪347日目 2014/11/19(木)
そろそろこの街を出ようか。
嗚呼、外は雨が降っている。やっぱりもう一泊しよう。

そんな自問自答をしながら、散歩へと出掛けた。
雨が降ると心も沈んでくるようで、欝々としてくる。
IMG_0532

橋を渡り、街の中心を外れた道を行ってみる。雨も止んできた。
IMG_0540

 

ヴェリコタルノヴォの廃墟

道々の途中に廃墟が目に着くようになってきた。
私の心のように廃れている。
IMG_0550

どうぞ入ってくださいと言わんばかりに、沢山の口を開けた廃墟を見つけ、お邪魔します。
IMG_0578

階段の向こうに誰かいないか。後ろから何者かがみてやしないか。勝手に恐怖を作り上げてはドキドキしてしまう。
IMG_0556

なんとも言えないドキドキ感。それが廃墟の醍醐味だろう。
日本の場合、不法侵入で捕まってしまうところだ。いやブルガリアも同じだったりして!
IMG_0570

さらに歩みを進めると、駅の廃墟を発見した。渋い佇まいに感激した。
IMG_0582
IMG_0584

写真を撮っていると、列車がやってきて目の前で停止した。
車掌が乗るのか?と聞かれて、身振りで乗らない!と答える。

廃墟と思っていた駅は機能していたのか。それとも、ヒッチハイク出来る列車だったのか、定かではない。
IMG_0589

線路沿いを進むと、鉄道関係のおじさんがやってきてブルガリア語で話しかけてきた。
もう何を言っているかわからなかったので私も構わず日本語で話しかけた。

相手の表情と雰囲気で内容を想像し、日本語で返事をする。
彼もブルガリア語で返してくる。また私もそれに日本語で返す。

会話をしている風であるが、お互い何を言っているかはわからない。
だが何となく気持ちは通じあっているような、面白いひと時だった。
IMG_0602

 

ヴェリコタルノヴォからルセへ

▼放浪348日目 2014/11/20(金)
昼の列車で次の街、ルセへ向かう事にした。
IMG_0632

事前に何の情報(目的)も無く訪れたヴェリコタルノヴォであったが、中世の雰囲気が色濃く残る街の雰囲気や、宿から出ていたUFOツアーなど、癒しあり、刺激ありのとても好きな街になった。
IMG_0628

天気に恵まれなかったからか、長旅の疲れからか、気分的には右肩下がりの調子ではあったが、ヨーロッパの渋い田舎の雰囲気を十分に味わう事が出来た一週間であった。
IMG_0622

ちなみに、琴欧州の出身地でもある。(いつの間に引退していたのですね)
IMG_0594

 
さらば、ヴェリコタルノヴォ。次は気候の良い、夏の季節に会いたいものだ。

 

つづく

(最終更新:2017年7月26日)
796 views