KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

【ブルガリア・共産党ホール】廃墟潜入!朽ちた未確認飛行物体の美しい建築

2016年3月12日
約 6 分


東ヨーロッパに位置するブルガリア共和国。
特に目的もなく過ごしていた宿で、誘われたUFOツアー。

そこで見た衝撃的な景色は、旅に飽きていたこの時の私の目を覚まさせるものであった。
本記事は、そんな様子を写真と共に綴った旅行記です。

ブルガリアの田舎町に滞在

▼放浪343日目 2014/11/15(土)
ブルガリアの北東部に位置する古い都「ヴェリコタルノヴォ」。
風情のある街並みは、長い旅の疲れを癒してくれるようで、私はのんびりとこの街に滞在していた。
IMG_0302

居心地の良い宿、Hostel Mostelの共有スペースで優雅にブログを書いていると、韓国系ハワイ人のマックスが何やら騒いでいる。受付スタッフのダイアナとパソコンの画面を見てテンションが上がっている様子だった。
私は気にせずそのままブログを書いていると、マックスが話しかけてきた。

 「へい!明日のUFOツアーに一緒に行かないか?

ん?UFO?なんだそれは。いくらB級やオカルト好きの私でもそんな訳の分からないツアーには興味無い。渡されたチラシにツアーの写真を見たが、荒い画像のよくわからない写真が載っていただけだった。
受付のダイアナに、なんなのこれ?良いの?と聞くと、彼女は親指を立て眩しい笑顔で答えた。

 「ベリーグッドよ!

そうか。ダイアナがそこまで言うなら。
時間もあるし流れに任せるのもありかなと、ツアー料金40レフ(約2900円)を支払い、明日のUFOツアーに参加する事になった。

スポンサーリンク

UFOツアー出発

▼放浪344日目 2014/11/16(月)
朝、ニュージーランド人ガイドのアンディが迎えにくると、私を含めて総勢7人で車に乗り込んだ。
しばらく走ると、風光明媚な村に連れていかれた。
何かと思えば、ブルガリアの昔ながらの家や生活を見れるテーマパークのような村だった。(※興味が湧かず詳細は割愛)

1時間程観光し、村を出発した車は山奥へと進んで行く。
舗装路を外れ山道に入ると、車体がガタガタと揺れ始めた。不意にお尻が飛びあがるくらいの山道を走る。
ガイドの運転手はわざと荒い道を選んで車を揺らし、客を楽しませよう(怖がらせよう)としている節があった。
IMG_0144

どこかの山の頂上に着いたのか、車が止まり皆が降りた。
周辺は濃い霧に包まれ視界が悪く、真っ白で何があるのかさっぱりだった。
IMG_0149

ガイドの後をついていくと、石作りの聖火を象ったような大きなモニュメントが霧の中から姿を現した。
ついにUFOか!?これなのか!
IMG_0152

写真を撮りながら10分程経っただろうか、ガイドの号令で皆が車に戻った。
ここはUFOスポットでは無いようだった。
IMG_0150

車は次の場所へ走りだした。
次もどうせUFOなんか見れやしないだろう。そう思っていると、すぐに車が停車した。

山の上に現れた巨大建造物

車を降りると相変わらず濃い霧で視界が悪い。
それでも時折、強い風に押し流されて晴れ間が見えることがあった。
そして大きな霧の塊が過ぎ去った瞬間、巨大なシルエットが姿を現した。
 

こ、これが噂に聞いたUFOなのか。
IMG_0154

 

すぐに霧で真っ白になって見えなくなった。と思いきやまた現れた。
嗚呼、まさにUFO!!ここに間違いない。ついに!UFO!発見だっ!!
UFO近影

 

興奮を抑え、正面のUFOを仰ぎ見ながら階段を上がると、鉄格子で閉ざされ正面ロビーが現れた。
門の上には赤い文字で「NEVER FORGET YOUR PAST」と書かれていた。
「決して過去を忘れるな」という意味だろうか。一体過去に何があったのだ。
IMG_0167

両端にもキリル文字のブルガリア語で何か書かれている。が、解読不能だ。
IMG_0164

UFO内部へ潜入

ガイドの後について行きUFOの側面へ移動する。そこには人ひとりが入るのがやっとの隙間が空いていた。
IMG_0180

何の冗談かとも思ったが、これが入口らしい。

皆が次々に体をねじ込むようにしてUFOの中へ侵入していった。こんなと所入って良いものか、と思いつつも私もそれに続く。
IMG_0182

穴の周りには剥き出しの鉄筋やら瓦礫やらが突き出ていて、慎重に体を入れないと怪我をしそうだった。
こんな危険なツアーは日本では有り得ないだろうな、と思いつつ私のウキウキは止まらなかった。
IMG_0187

建物の内部は暗かったが、外から漏れる光を頼りに先へ進めそうだ。
上へ続く階段を上ると、そこには光に包まれた美しい世界があった。
IMG_0188-001

美しい廃墟・旧共産党ホール

朽ちた天井に空いた無数の隙間から、太陽の光が放射状に差し込み、SF映画の中に入ってしまったような幻想的な空間が広がっていた。
IMG_0192

上空からUFOが襲来してきたようだ。いや、もはや私はUFOの中だった!
IMG_0209

この美しい廃墟は「バズルジャ(Buzludzha)」と呼ばれ、1981年に作られブルガリア共産党本部として使われていた場所だった。
IMG_0200

1989年の東欧革命で共産党が解散。以降、誰も使わなくなり廃墟と化してしまった。
IMG_0204

かつてはレストランや宿泊施設などがあり賑っていたそうだが、もはやその面影はない。
IMG_0210

しばらくすると光の演出は消え、ただのぼんやりとした空間になってしまった。
IMG_0215

周辺を探索するといくつかの部屋があり、メインホールを囲むように通路が二重になって存在していた。
IMG_0214

外側の通路には、ガラスが抜け落ちた大きな窓枠が続いていた。晴れていればきっと眺めが良かっただろう。
IMG_0211

共産党ホールのタワーへ

メインホールを離れ真っ暗な階段を下ると、今度は上へ登る梯子が現れた。
ツアーで貸し出されたヘッドライトを使い、とにかく梯子を上る。
IMG_3543

いつ終わるとも知れなかった梯子を上りきると、ようやく頂上らしき場所にたどりついた。
IMG_0235

ここからの眺めは素晴らしく、周辺には雲海が広がっていた。
眼下を見ながら、嗚呼我々はずっと雲の中に居たのだな、と理解した。
IMG_0233

気付くと、皆がヒョイヒョイと鉄柵の上に乗っている。見ているこちらが肝を冷やしてしまう。
IMG_0250

私も負けまいとおっかなびっくり鉄柵の上に乗った。絶景だが怖い。怖いが、絶景だ。
IMG_0266

マックスはギリギリまで身を乗り出して写真を撮っていて、危ないから本当にやめてくれと思う。
IMG_0260

しかし、この美しい雲海の前では、身を乗り出す気持ちもわからないでもない。
IMG_0234

 

一通り景色を楽しみ下へ降りると、辺りはまたしても濃い霧に包まれていた。
霧の空を見上げると高い塔がそびえ立っていた。さっきはこの上から雲海を見たのか。
IMG_0277

気が付くともう日が沈みかけていた。
IMG_0279

皆で車へ乗り込み、興奮のUFOツアーが終わりを告げた。
IMG_0280

 

UFOツアーを振り返って

私は日本に居た時に少しだけ廃墟巡りをした事があり、世界各地の廃墟も精通しているつもりであった。
しかし、ここは全くのノーマークであった訳だが、偶然に訪れた町の何となく参加したツアーが、超ドストライクだったのには驚きだ。
IMG_0190

大きな規模の廃墟であればあるほど、その土地や建物の栄枯盛衰を感じられる。
廃墟にはそこだけ時が止まったような、独特の時間が流れている。
IMG_0217

バズルジャ。素晴らしい廃墟であった。
ここはきっと廃墟の神様(?)が巡りあわせてくれたのだろう。
IMG_0198

こういった、予期しない素晴らしい偶然の出会いがあるので旅は面白い。
IMG_0219

ありがとう、さらばバズルジャ。

 

UFOツアーの旅、おしまい。

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ラピュタだ! なんかラピュタだ!
    雲の上にある廃墟!!

    • たしかに!ラピュタ!でも僕は宇宙を感じた!2001年宇宙の旅!見たことないけどね!