KENJI HIROTA PHOTOGRAPHY

ケンジ世界放浪の記録

独裁国家トルクメニスタンの首都アシガバードの不可思議な街並み

1448 views
約 5 分

2年に及ぶ世界放浪の旅の途中で訪れた、トルクメニスタンの秘境「地獄の門」
そのメインの観光が終わり、首都のアシガバートへ移動した時の旅行記です。

独裁国家と呼ばれるトルクメニスタンの街並みはどんな雰囲気なのでしょうか。
ご覧くださいませ。

地獄の門からアシガバートへ

▼放浪291目 2014/9/24(水)
想像を超えたガスクレーター「地獄の門」を鑑賞し朝日を迎えた私は(※前回の記事)、2時間弱の砂漠を歩いて、はじめに荷物を預けていたチャイハナ(茶屋)にようやく戻った。

のんびりとトルクメ人とご飯を食べながら、首都へ向かうバスを待った。
田舎の人々が親切なのは世界共通なのかな。
R0020078

午前11時半。チャイハナのご主人があれだあれだと指をさしたバスを追いかけた。
何もないだだっ広い荒野の道を、ただただ真っ直ぐ進む。
R0020229

スポンサーリンク

首都アシガバート到着

午後15時頃、バスが止まり乗客が次々と降りていく。
街の郊外にあるバスターミナルに降ろされたみたいだった。

ここからどうやって町の中心地へ向かうのかわからない。
バスの運転手に尋ねると、どうやら52番のバスで「ツーリストホテル」という安宿へ行けるらしい。
そして指示されたバスに乗り込むと、親切な運転手はホテルの目の前で合図をしてバスを止めてくれた。なんて優しい。
R0020230

16時頃に無事にホテルツーリストに着くことが出来た。
意外と大きく立派なホテルである。
R0020073

フロントで値段を聞くと、下調べで10ドル前後と思われていたホテル代が30ドルと言われ、目が飛び出るほどの値段であった。
若い男は私を騙しふっかけてきていると思い、何度も粘り強く交渉したが全く聞く耳を持たなかった。
ついには彼を怒らせてしまい「もう帰れ」と言われてしまう始末。

偶然居合せた日本人のタケダくんと部屋をシェアすることに決めて、結局30ドルを支払いチェックインをした。
チェックインした後、フロントの男はフレンドリーに対応してくれた。後腐れない。
R0020232

部屋はボロいと聞いていたが、改装したようでとても綺麗な内装だった。
これは確かに30ドルの部屋であるかもしれない。
かつて南京虫が大量発生したとは思えない綺麗さだ。
R0020246

ようやく宿で一息ついたが、
国境でもホテルでも嫌な印象を受けることが多かったトルクメニスタン。
はやくこんな国でてしまおうと決意した。

夕方ころ、タケダくんと一緒にいたイラン人とで夕暮れのアシガバートを散歩した。
R0020091

アシガバートの街並み

ここは中央アジアの北朝鮮と言われている独裁国家で、なかなか気軽にこれる国ではない。
一つひとつの風景が貴重な気がしてくる。
R0020235

しかしそれほど興味をそそられる街並みでは無く、と言いながらも写真を撮り歩いた。
R0020238

途中警備員に笛を吹かれ、注意を受けた。政府系の建物は撮影禁止のようだ。
R0020236

もういいか、と一時間程でホテルへ戻り、皆で隣のレストランで食事をしてこの日を終えた。
R0020239

 

▼放浪292目 2014/9/25(木)
朝、ホテルのショボい朝食を食べる。
スカスカのパンと目玉焼き、味もシャシャリも無いマカロニと変なスープを食べる。
これでお腹を壊したというオギーさんブログを見たが私は平気であった。
R0020050R0020245

午前8時50分。
タケダくんとイラン人に別れを告げ、私は1人タクシーでイランとの国境へ向かった。運賃20マナト(770円)。
R0020248

車窓から見る街は、やたら白く高い建物が目立ち、ビルの中はスカスカでなんとも見せかけだけ綺麗に仕立てたような街に見える。人があまり歩いていないところに、異様な感じがしたのであった。うがった見た方しているだけであるが。

独り言をしゃべり続けるドライバーの車に乗りながら、少しだけ動画を撮影した。

R0020067
R0020256

街の中心から30分か程で、イランの国境の近くに到着。
R0020263

アシガバートからイランへ

タクシーに運賃20マナト(約770円)を払い、ここからまた謎のミニバスに乗り換えて国境へ行くらしい。
強制的に40マナト(約1540円)を徴収された。
高い。しかし現地人も全員支払っていた様子なので、正規の値段なのだろう。

このミニバスには英語の堪能なイラン人の学生テニスプレイヤーと、同じく英語の堪能な女性が同乗し、一緒国境を越える事になった。
無事にトルクメニスタン出国スタンプを押され、午後11時過ぎイランへ入国した。

10か国目イラン。
どんな出会いが待っているのだろうか。

つづく

 

———————————– キ リ ト リ ———————————–
★トルクメニスタンで使用したお金 2015/9/23~25 
レート 100円=2.6マナト 1ドル=2.85マナト
・ホテル代 一泊30ドル(約3280円)
・食事代 18マナト(約690円)
・移動 40ドル+70マナト(約7084円)
・その他 10ドル+10マナト(約1482円)
・合計:12535円